2019年 06月 13日

123

人間は500歳まで生きられる?「死を治す」テクノロジーにGOOGLEが挑む!

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.dantizuma.com/
 

JZDZYVYA.jpg

GOOGLEの投資部門に所属しているビル・マリスという人が、とんでもない発言をしています。なんと「人間は500年生きられる」というのです。この人は40歳そこそこで、資産は244億ドル(日本円で約2兆4400億円!)もある人なのですが、何の話なのでしょうか。

1000歳まで生きられる人間が存在する?

なんでも「体の一部を機械にする(厳密には小型の機械を送り込む)」方法や、「遺伝子を書き換える」、「幹細胞を注射する(幹細胞とは、組織の再生を担っている細胞だそうで「トカゲのしっぽ」みたいなものでしょうか)」など、具体的に「500年生きる方法」を説明しています。ケンブリッジ大学研究員のオーブリー・デグレイという人に至っては「1000歳まで生きられる」と主張しています。

金があればなんでもできるのか?

こんな感じで、世界中の科学者や大富豪が目指すところは、昔も今も「不老不死」とか「超長生き」であり、どうも彼らは「お金とテクノロジーさえあれば神になれる」と思い込んでいるフシがあります。こういった研究が巨額の予算でおこなわれることは、ある意味「良いこと」ではあるのですが、多くの電化製品のように、この技術が世間に行き渡るには、まだまだ長い年月がかかりそうです。

生殖機能の行方

しかもこの記事では、風俗ファンにとって肝心カナメの生殖機能については触れられていません。科学者が言う「生きている」は、ただ単に「生きている」状態を指しているかもしれません。生殖機能は500歳や1000歳まで維持し続けることはできるのでしょうか。どうせ私費を投じて研究するなら、「そもそも何のための長生きか?」といった命題に踏み込んで欲しいですね。


文|つかもとまさし

マニアックスユーザーが入り浸る、エロい出会い実績の多いサイト(実績数順)

エロい出会いの実績だけ重視した、ユーザー体験談の投稿数順のガチンコランキングです。

1位:PCMAX(R18)
エロに特化した出会い実績はダントツNo.1。とりあえずここやっておけば問題なし。
PCMAXの投稿体験談

2位:ハッピーメール(R18)
PCMAXと肩を並べるエロ実績数。会員数はハッピーメールの方が多い。
ハッピーメールの投稿体験談

3位:sanmarusan(R18)
パパ活系女子専門で人気上昇中のサンマルサン。唯一の定額制で費用面で安心感あり。
sanmarusanの投稿体験談
サンマルサン攻略サイト

出会いのコツ

年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

出会い系掲示板を使い倒してセフレを月に3人見つける方法!「書き込み」の足跡をたどる誘い込みでヤレるテク公開
⇒?セフレや即セックス相手を探すには出会い系が確実にオススメ!その理由とピンポイントな使い方
⇒?アラフォー非モテの僕が出会ったその日に確実に本番に持ち込めるようになった方法
?出会い系サイトで性感マッサージを受けたい女性を募集すると、ほとんどの女性が挿入を懇願する
⇒?素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話
⇒?無料風俗で手コキ体験レポート!ド素人S痴女の気持ち良すぎる48手に悶絶

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。
ユーザー登録して現金をゲットしよう!

【朗報】チリペッパー小田がアダルトサイト用にSEO記事コンテンツ提供を開始する??!

チリペッパー小田も所属する Cow Creators(カウクリエイターズ)があなたのサイトにもアダルト系記事を提供いたします。
アダルトサイト用SEO記事コンテンツ作成のご案内

コラムコーナーは、エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨するものではありません。

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店