2019年 08月 29日

490

風俗で稼げない! 理由を徹底解明

夕花みう

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://star-group.co.jp/service/chijo/shizuoka/
 

WCZEDJKB.jpg

とにかく供給過多

実は、ここ数年で大きく風営法が改訂されたというのはご存知だろうか。店舗型風俗は開業しにくく、看板を出すことも許されなくなった。その一方で、無店舗型のデリバリーヘルスが開業しやすくなり店舗数が劇的に増えたのだ。もともと店舗型に比べて広い部屋や特殊なスペースも必要でなく、極端な話をすればマンション一室を借りて待機室にすれば事足りる。そのため、デリバリーヘルスが供給過多になっているという現実があるのだ。ヘルスで稼ぐキャストが増えたため、ソープの時代は終わったといわれている。わざわざ大金をはたかなくても、基盤と呼ばれる本番行為を常とするキャストや円盤と呼ばれる少しだけ追加料金を取って本番してしまうキャストも増えたためだ。

もともと、一見が多い世界

リピートして同じ風俗店を使おうという男性はやはり少ない傾向にある。大多数の男性は、そういう気分になったときや友達との飲み会の帰りなどにその場でサクッと抜けるようなお店を探すことが多い。たとえそのキャストが良かったとしても、ただ単に“良かったなぁ”ぐらいでは指名は返せないのだ。風俗遊びがある程度好きで遊び慣れているお客様ならもちろんその店を気に入って軽い気持ちでリピートしてくれることもあるだろう。だが、常連というわけではないお客様を返すのは非常に難しい。男性心理的には一度指名した風俗嬢を二度目に呼ぶというのはとても珍しいことなのだ。考えてみてもほしい。金銭を介さないワンナイトラブだって二度目があることは珍しいのに、風俗という場所でお金まで払ってそのキャストに会いたいというのはすごく特別なことなのである。

忙しい時間、時期は重なる

これも仕方がないことなのだが、やはりお客様というのはなぜかしら同じ時間帯であったり同じ日に集中するものである。風俗の場合、指名が被ることは無理だ。そのため、先着順という形でキャストの時間が買われることになる。極端な話、60分のショート客の予約のために180分のロング本指名客を逃すこともあるのだ。風俗業界がアナログで電話受付のシステムであることがその原因なのだが、特殊な業界なので如何ともしがたい。たとえば飲み帰りとなる夜の9時以降などにどうしても電話は重なってしまうのだ。深夜になってくると、店舗型風俗が閉まる時間なのでデリヘルでも予約を取りにくくなる。忙しい時期はお客様を断るほどなのに、暇なときはお客様につかない坊主の日がある…。不思議な業界である。


文|夕花みう

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

夕花みう

現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。 記事を読んだ感想やリクエスト・ご相談があればyukamiumiu.xxx@gmail.comまで。

夕花みう

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店