2016年 11月 22日

33

首から下をすげ替える!?医学が神の領域に触れる時代

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://happening-office.com/
 

XAHSAXML.jpg

医学が進歩しているといっても、人間のパーツを自由に入れ替えたり、不老不死や、死なないまでも300歳くらいまで長生きする、といったような、想像を超えるようなところまでには至っていません。が、その可能性を感じさせるような話があります。

イタリアの医師が検討中

先日イタリアの医師が、「首から下がまひした人の頭部を、脳死の人の体に移植する」という仰天プランをぶち上げました。記事によると、イタリア人医師が米国の学会で2015年6月に講演予定だそうで、当分先といった話ではなく、2年先レベルの話なんだそうです。足首や臓器の移植はこれまでにもありましたが、頭部となると前代未聞です。少なくとも一般的には広まっていない話題ですし、暗黒系週刊誌がニュースソースならともかく、話の出処が天下のCNNなので、一定の信ぴょう性がありそうです。

サルでは失敗しているが・・・

この「神の領域」ともいえる試みについて、過去には1970年代に米国の大学医学校で、サルを使った頭部移植手術の事例があるとのことです。このときには、体を動かせないまま8日後に拒絶反応で死亡したことをはじめ、別の実験でも24時間以上生き延びた例はない、とのことです。

チャレンジ精神と犠牲

もしこれが成功すれば、「スタイルは抜群だが顔はイマイチ」といった場合に、整形よりもダイナミックなアプローチをほどこすことが可能になったり、アスリートの体に天才学者の頭部を組み合わせたり、といった、一昔前なら完全にSFの世界の出来事が現実味を帯びてくるのですが、実現に向けては相当量の「チャレンジ精神」と、それに伴う「犠牲」が必要になりそうです。「チャレンジ精神と犠牲」というと、風俗ファンの生態的には「日常的な出来事」ともいえるものですが、この話題のスケールの大きさには、ただただ恐縮するばかりです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店