2018年 04月 27日

102

アナルにワインボトルをご所望の、スキンヘッドのコワモテおじさん

百花繚乱(アナルファッカー)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.milkysalon-deli.com/
 

HZKTSZLF.jpg

世の中にはいわゆる「コワモテ」の人がいるが、そういう人ってやはり損をしがちなのであろうか?

しかし、そんなコワモテの男性にかわいらしい一面があるというのは、ギャップ萌えを狙えて逆にいいのかもしれない。

わたしは以前会ったデリヘルのお客が、とってもコワモテだったことを懐かしく思い出すことがある。

デリヘルって部屋に入るまでがドキドキ

デリヘル嬢として数年間勤めてきて危険な目にも何度か遭遇したが、新規客と会う前は毎回ドキドキしてしまう。

だって、ドアの向こうには誰がいるのかもわからないのだ。

首絞めマニアがいるかもしれないし、連続強姦魔やもしかすると殺人鬼の可能性だってなくはない。

そこまでではなくても、「チェンジ!」なんて言われたとしたら立ち直れないくらい傷ついてしまう。幸い、チェンジされたことは一度もなかったが。

そんな黒々とした妄想をしながら指定の部屋に向かい、チャイムを押す。

その日出てきたのは首絞めマニアでも殺人鬼でもなかったが、相当なコワモテのスキンヘッドのおじさんだった。

コワモテおじさんは何物?!

「入って」コワモテおじさんにぶっきらぼうにそう言われたので、わたしは緊張しながらも室内に入る。

一般的な独身男の部屋、といった感じに程よく散らかった部屋のソファに、コワモテおじさんは座った。

真っ白なバスローブを着ていた。

シャワーを浴びるときに気がついたのだが、おじさんは真っ赤なブーメランパンツ姿…と思いきや、お尻のほうを見るとなんとTバックになっていた。

スキンヘッドのコワモテが真っ赤なTバックである。

うーん、お似合いなのか、それともギャップ萌えと捉えればいいのか…。

おじさんはドMだった!

プレイに入ってびっくり、おじさんはドMだったのだ。

最初に頼まれたのが、「おじさんの顔をはだしでグイグイ踏みつける」こと。

その行為だけでおじさんのチンコはビンビンになっていたのだから、相当気合の入ったド変態である。

そのあとは何をさせられたのかというと、「おじさんのアナルにワインボトルをぶっこむ」…。

わたしもアナルプレイは得意にしているが、入れるほうはそんなに慣れてはいない。

それでもがんばって押し込んでいると、そのぎこちない手つきでもよかったのか、おじさんは快感にのたうち回りはじめたのだ。

「もっともっと、奥まで!」と叫ぶように言われ、戸惑いながらもワインボトルの太いところまでエイヤっと押し込む。

ブチブチブチ・・・!という、冷や汗が出るような変な音がし、おじさんはそのまま射精をした…。

アナルは大丈夫なのかよ?!と思ったが、コワモテおじさんはニコニコお礼を言ってくれたし満足げだったので、その「ブチブチブチ音」の正体は聞きそびれたわたしであった。


文│百花繚乱(アナルファッカー)


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

百花繚乱(アナルファッカー)

夢は文豪で500人超斬りの女版性豪。遅咲きの元風俗嬢。お下劣ショーパブからはじまり出会い系での売春、セクキャバ、本デリ、デリヘルなど多種多様の風俗経験あり。現在は旦那大好きなかわいい人妻。ちなみに家庭内アナルファックはやらない。

百花繚乱(アナルファッカー)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店