2016年 12月 21日

696

風俗嬢の本名について考察する

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.madam-heaven.com/
 

GGSRUNCZ.jpg

風俗やキャバクラで働いているお姉さんは、たいてい源氏名を名乗っていて、名前が本名であることはまずありません(キャバクラなどではたまに見かけます)。客の立場からすると、あまり深く考えることのない「嬢の本名」ですが、ここでは本名に関する妄想といいますか、考察をおこなってみます。

客から見た「嬢の本名」の魅力

風俗嬢やキャバ嬢が源氏名を名乗って働いているのは、そもそもなぜなのか、を考えてみますと、まず第一に「身元や個人情報が不必要に拡散することを防止する」といった目的であることは、容易に想像がつきます。またもうひとつは、芸能人に代表されるように「お仕事としてプライベートとは切り替えるため」といったことも考えられます。 そんななかで、客としてはなぜか「本名はなんていうのだろう」ということを考えてしまいます。無粋といわれればそれまでですが、なぜそのように考えてしまうのでしょうか。

「距離が縮まる」という錯覚

人間の根源的な欲求のひとつに「承認欲」というものがあるそうで、これは簡単にいうと「相手に認められたい」といった欲求なのですが、客にとって「嬢の本名を聞く」という意味合いの中に、この「承認欲求」が含まれているもの、と思われます。「自分だけに教えてくれる」と思い込んで、なんとなくうれしい気分になるとか、「仕事以外の付き合いを始めるきっかけ」としてとらえるとか、そんなところではないか、と考えられます。

大人は粋に遊ぶ?

一方で、「嬢に本名を尋ねる」とか、「本名を聞いた後、本名で話しかける」といった行為は、どことなく無粋な雰囲気が漂ってしまうことも事実であり、実際よっぽど「本当に距離が縮まっている」といったことでもない限り、嬢に歓迎されるどころか、むしろ「距離が離れる」ことにもなりかねないのではないでしょうか。「本名を聞けば距離が縮まる」というのが妄想、錯覚だとすると、この行為はあまりメリットがない、ともいえます。いわゆる「後腐れ」といったものも発生しませんし、メリットを追求する=「とことん楽しむ」には、源氏名で遊びとおす方がかえって良さそうですね。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店