2018年 05月 31日

171

新宿二丁目とLGBTという世界

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://joynokarute.com/
 

DBMCNPSG.jpg

新宿二丁目といえば、東京は新宿歌舞伎町の近くで、テレビや雑誌に出てくるいわゆる「お姉系の方々」が活躍しているところ、または出身のお店があったりするところ、というイメージが強いのですが、実際には、おかまさんやニューハーフだけではなく、さまざまなセクシャルマイノリティーの方々が、ごった煮的といいますか、カオスな雰囲気を作りつつ、共存している「知る人ぞ知る街」として存在しています。ここでは、新宿二丁目という場所と、セクシャルマイノリティーの関連ワードとしての「LGBT」について、解説していきます。

新宿二丁目はどんな街か

セクシャルマイノリティーの方々が集まる街として知られる新宿二丁目は、新宿御苑や歌舞伎町にほど近く、最寄り駅は地下鉄の新宿三丁目か、新宿御苑あたりになります。近くにはお花見で有名な新宿御苑があったり、大きな百貨店や映画館、商業施設、飲み屋街、風俗、飲食店などがひしめいています。ロケーション的にも雰囲気的にも「アジア随一の歓楽街」と呼ばれている歌舞伎町とは一線を画していて(徒歩圏内ではあるものお、若干離れています)、なにかこう、ちょっと「密やかな雰囲気」といいますか、こじんまりしたところがあります。とはいえ昼間でも、ゲイの方向けのグッズ店が普通に営業していたり、飲み屋さんでもお店によっては開いていたりして、時々歌声が漏れてきたりします。夜になるとかなり怪しげな雰囲気が漂い始めて、どこからともなく外国の方々を集まってきます(近年では近隣の新宿ゴールデン街にも、外国人の観光客がたくさん居られます)。なんとなくあらしい雰囲気を感じる理由には、「場所柄そのような目で見てしまう」、というところもありますが、やはり普通の飲み屋街とは雰囲気が相当異なっています。

奥が深いセクシャルマイノリティーの世界

この街には、巷でよく知られているようなゲイやオカマさん、お姉系の方々ばかりが集まっているのではなく、さまざまなセクシャルマイノリティーの方々が、思い思いにコミュニティを形成しています。その中でトランスジェンダーというのは、セクシャルマイノリティーの今日的なくくりを示す「LGBT」、つまりレズ(女性と女性)、ゲイ(男性と男性)、バイセクシャル(いわゆる両刀使い)に続く四番目のTが該当していて、「社会的な性別とは異なる性別を自認している方々」で、男性にも女性にもいます。このように、セクシャルマイノリティーの世界は大変に奥が深く、人々の性格や立ち位置もさまざまで、マイノリティーではない人と同じか、それ以上のバリエーションを維持したまま推移し、その象徴的な場所が、新宿二丁目なのです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店