2017年 07月 05日

1028

日本で伝統的に許容されてきた?意外と身近なアナルセックス

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://ero-ryman.com/
 

EZKZJYIW.jpg

性行為といえば男女間のセックスが一般的で、使用する性器も、凸凹で表現されるように男性期と女性器がすぐ浮かびます。しかしこれは(「生殖としてのセックス」をあえて除外して、「快楽としてのセックス」に限定すると)比較的近年に浸透した概念で、特に日本においては、古くからアナルセックスも知られていたのです。

同性愛を制限する法律は存在していなかった?

日本の歴史をふりかえってみると、少なくとも近代といわれる明治より以前には、公に同性愛(つまり快楽としてのアナルセックス)を禁じるような法律は存在していませんでした。この事実を裏返すと、「アナルセックスは半ば公然と行われていた」ことがわかります。現在に比べると身分や貧富の差による性の格差が大きかったことを考えると、性行の相手として同性を選び、かつアナルを使ったとしても不思議ではなかったのです。

男色や衆道というキーワード

日本で最も古いアナルセックスに関する記載は、奈良時代に著された日本書紀にまでさかのぼり、既に(解釈は複数あるものの)男色(「なんしょく」とも発音します)が描かれているようにも読み取れます。奈良時代〜平安時代にかけては、仏教が日本に広まっていくのですが、不思議なことにこのタイミングで男色も相当広まったようです。その後武士という概念が登場するに至り、武士の男色である「衆道」という言葉が生まれます。江戸時代を舞台にした時代小説などでも、当時の一般的な風俗として、衆道やアナルセックスがしばしば描かれます。

井原西鶴の作品にも登場

江戸時代の浮世草子や人形浄瑠璃の有名作家である、井原 西鶴の作品にも男色は数多く描かれ、当時の町人文化において、それほど特殊なものではなかったことがわかります(そのものずばりの「男色大鑑」という作品も存在します)。男色ではなく男女の性行為という範疇でとらえたとしても、アナルセックスが日本古来のものであるというのは、意外な印象がありつつ、なんとなく敷居が低く感じられますね。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店