2017年 06月 26日

2927

一度きりのアナルセックスは僕にとって強烈な体験だった

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.ketsuname.com/
 

BBSOTIGP.jpg

いきなりコウジにキスされた。僕の部屋でゲイ動画を見ていたときだ。

軽いキスだったけど、しばらくボーッとなってしまった。

最初は普通のアダルト動画を見ていたが、途中からコウジがどこかのサイトを開いてゲイ動画を見始めた。

「何だよこれ」
「すげーだろ」

驚く僕を尻目に、コウジは目をランランと輝かせている。パソコンの画面には、男どうしでフェラチオしているシーンが映し出されていた。

キスされたのはそのときだった。僕は「あっ」と小さく声を上げてのけぞったが、顔をそむけるとコウジの唇が追ってきてまたキスされてしまった。

「だめだよ…」と言いながら体の力が抜けていく。何でだよ、抵抗したいのに力が入らないなんて…。僕はそのとき、男に迫られる女の気持ちがわかるような気がした。

もしここで押し倒されたら、もしかしたら僕は抵抗できなかったかもしれない。でもコウジはそこで体を離して、それ以上は何もしてこなかった。

「怒った?」

不安げな顔で、コウジが僕の顔を覗き込む。
「あ、いや。ちょっとびっくりしただけ」

そう答えると、コウジは安心した顔に戻った。

動画にはいつの間にかニューハーフらしい男が登場して、アナルセックスをやりだした。髪の長いニューハーフの男の肛門がアップになり、そこに褐色の肌をした男優のペニスがめり込んでいく。僕はそのシーンをぼんやり眺めていた。

「俺さあ、お前のちんぽならしゃぶれる気がするよ」

すると、コウジが突然そんなことを言い出した。

「は、何言ってんだよお前」

いつもの聞き慣れた声でそんなことを言うから、頭が混乱してしまう。

コウジは、僕の顔をじっと見つめている。僕の返事を待っているのだ。

僕は正面を向いたまま、動くことができなかった。少しでも動いたら、その場で押し倒されるような気がした。

「ちょっといいか」

コウジは立ち上がるとソファに座る僕の前に回り込む。それから、床に膝をついて僕のズボンに手をかけた。

「あ、ちょっと」

コウジが何をするつもりなのかわかっていた。だけど、体が痺れて動くことができない。そのとき僕は、これから起こることに期待していた。

コウジは器用に僕のベルトを外し、チャックを下ろすとズボンの中に手を入れてペニスを引き出した。僕のペニスを見ると、コウジは「わお」と小さな声を上げ、ゆっくりしごき始めた。

コウジの手の中で、引っ張り出されたペニスがグングン硬さを増していく。コウジはチラッと僕の顔を見て、それから体をかがめて口の中にペニスを咥え込んだ。

男にフェラチオしてもらうなんて初めてだから、僕は妙に興奮していた。しかし、コウジのフェラチオは、じゅるじゅる音を立てて吸い付くだけで、あまり気持ちよくない。
考えてみれば当たり前かもしれないが、コウジはフェラチオには慣れていないようだった。

しばらくの間、コウジは僕のペニスを口に入れていた。やがてペニスを吐き出すと勢いよく立ち上がり、いきなり僕の前でズボンを下ろした。

今度は僕にしゃぶらせるつもりかと思ったが、そうではなかった。ズボンを脱ぎ、下半身裸になったコウジは台所からバターを持ってくると、それを自分の肛門に塗って四つん這いになった。

「アナルに入れてくれ」

いきなりそんなことを言われて、僕は面食らってしまった。

「アナルにか?」
「ああ。嫌か?」

そんなの嫌に決まっている。でもコウジの頼みならしかたがない。

「わかったよ」

僕はそう答え、コウジの背後に回り込んで、カーペットの上に膝をついた。
ここから、見よう見まねのアナルセックスが始まった。

「いくよ」
「おう」

僕はバターでべとつくアナルにペニスの先を当てて、体重をかけて中に押し込んだ。

「いったたた!」

途端にコウジは顔をゆがめ、苦しそうな声を上げた。

「どうした、やめるか?」
「いや、続けてくれ」

僕はさらにペニスを押し込んでいく。

「うわっ、きっつぅ」

亀頭が半分ほど入ると、強烈な締めつけが襲ってきた。アナルの締まりってこんなにすごいのかと驚いた。女の膣なんて目じゃない。

「うう、うう」

額に汗をにじませ、コウジがうめきだす。かなり痛いようだ。

「どうする、やめようか?」

僕はもう一度言ってみた。僕自身は続けたいようなやめたいような、妙な気分だった。

「いや、続けてくれ」
「わかった」

コウジの腰を両手でつかんでさらに体重をかけると、スルッと亀頭がアナルの中に入った。

亀頭が入ると、あとはいくらか楽に動けるものだ。コウジの痛みも少し軽くなったように見えた。

コウジは顔を真っ赤にして、両肘をつく姿勢で尻を高く上げている。

「あ、あ、あ、あ」

ゆっくりピストンすると、コウジは喘ぐような声を上げ始めた。

「ああ、だめだ。もう持たないよ…」

女の膣よりずっと締まるのだ。僕はいまにも射精しそうになっていた。

「もう無理か?」
「だめだ、もう出ちゃうよ」
「わかった。出していいよ」

僕はコウジのアナルの中に、激しくペニスを突き入れて果てた。

コウジとのアナルセックスはこのときだけだったが、あれ以来バターを見るたびに彼とのアナルセックスを思い出してしまう。


文|清水照美

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

尻舐め女
トランスクリニック

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店