2017年 07月 07日

245

【アナル舐め】ディルドも使わず指入れもナシ!ただひたすら「アナル舐め」に終始するオバサン

中川デイブ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://sweeets.net/
 

XQWQMIGJ.jpg

私は風俗関係の仕事も多かったが、プライベートのプレイは奥手で“コーマン発射至上主義”だったように思います。
今では、パートナーをイかせて喜ぶフツーのオジサンだけども。そんな私が味わった、極々初歩のアナル体験を恥ずかしながら披露します!

アポからして昔っぽい!? 今どき喫茶店で待ち合わせした女

都内にてテレクラで遊ぶ場合、一番よく行った(今でも、たまに行きますが)のが池袋です。取材でも何度も行きました。

その日は打ち合わせを終えて、帰るにはまだ早い16時。「映画でも観ようかな」とも思ったけれど、やっぱり行き着く先はテレクラ「Vコール」(今はないです、残念!)なのです。

その日も2時間コースで入って、エロビデオ(DVDじゃないぞ)を見ながらコールが回ってくるのを待っていたんだけど、なかなか思うようなのが来なくて。
取材だと、あらかじめ年齢層を絞ってるけど、プライベートだとだいたい27歳~で、後は「話しが合えばいいや」っていう感じです。

そんで、その日の3本目のコールのミツコさん(仮名・39歳・主婦)とアポる事にしました。なんか、落ち着いた喋り方が“熟女”っぽくて良かったからです。
待ち合わせは、駅北口にあるビジネスホテルの喫茶室です。最近は路上待ち合わせが多かったものですから、何となく新鮮です。彼女が言うには
「電話だけじゃなくて、直接会って話してみないと、どんな人か分からないから。恐い人だったらイヤだし…」との事です。
私も同感なので、その喫茶室で待つ事にしました。

やたらアナルを舐めたがるオバサン! 10歳はサバ読み間違いナシと見た!!

喫茶店にいると、時間ピッタリの17時に現れたのは「普通のオバサンだよ」と自己申告通りの年配の女性でした。
白い長袖のブラウスに黒のロングスカート。若干はポッチャリ目ですが「まぁまぁな熟女ぶり」と見ていいでしょう。髪型は肩までのストレートで、顔は五輪真弓というか広瀬香美というか、少し角張った感じの輪郭をしています。

ここまでは、本人の言っていた事と相違ないのですが、どうみても39歳には見えません。多分、10歳くらいはサバを読んでいると思われました。
それでもスルーしないのは、私は「正活臭のする普通の主婦」みたいな女性とエッチするのが大好きなんですよ。

そりゃぁ、上玉を当てた日は嬉しいですけど(その「美女シリーズ」も書いているので読んでネ)、普通の主婦と知り合う機会がないので、それはそれでソソるものがあるんですよ。

そのミツコさん、ホテルに入ったら凄いんですよ。シャワールームで私を洗ってくれるのは嬉しいんですけど、アナル周りを特に入念にゴシゴシしてるんです。
ベッドに移っても、私をチングリ返しの体制にして、いきなりアナルをペロペロしはじめたので少しビックリしたくらいです。
「お尻ばっかり舐めてて大丈夫?イヤじゃない?」と聞いても上の空みたいで、
「あ~ぁっ、メッチョ、メッチョ気持ちイイッ~」と呪文を唱えるように叫んでいる始末です。アナルの合間に、タマを一個づつ優しく口に包んで転がしているんですが、それがまた気持ちイイんですよ!

挙句の果てには、アナルを舐めながら手でチン棒をシゴきだすものだから、私は遂に
「ああぁぁぁ~、出ちゃうよ~」と情けない声を出して発射してしまいました。
「何か、放出感が変だな?」と思っていると、出す瞬間に口をアナルからチン棒に移してミツコさんは、そのまま“ごっくん”したのでした。

「どお、ワタシのメッチョよかったでしょ、メッチョ?」と「メッチョ」を連発します。
「じゃぁ、お尻を自分で洗ってきて!また、メッチョしてあげる!!」の繰り返しで計3回も同じパターンで発射してしまいましたよ。
ただ、違っていたのは、2回目と3回目の発射の寸前に、
「メッチョ舐めさせてあげるぅ~、早く、早く、メッチョ来てぇ~」と指示されて、ほんの僅かシックスナインのポジションについた時だけでした。

それにしても、指もバイブ・張り型も使わないで、ひたすら口と舌だけでアナルを感じさせてくれたミツコさん。
普通の見た目に隠れたアナル舐め大好き度には、参りました!メッチョ!!メッチョ!!
(帰ってから「メッチョ」の意味を調べてみましたが、よく分からないままです。マ○コの事を「べっちょ」(福島)、「めっじょ」(鹿児島)と呼ぶ地域はあるらしいけど謎です)


文|中川デイブ

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店