2016年 06月 22日

11206

開発好きの「アナルローズおじさま」に生アナルを犯されてしまったときのお話。

戦場ヶ原ユキヒメ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.h-kingdom.com/
 

FQWVSCFE.jpg

アナルは強烈だから忘れられないお客様が多いんだよね。´д` はぁ。
ユキヒメがアナル女郎としてデビューした21歳の頃、リピーターだった超絶倫な自称調教師の40代のお客様のお話をしますね。


ある日、AF一回戦が終わり、ふたりでベッドに横になっていると、

『俺ね、ユキヒメちゃんを、こうしてあげたい。』

とお客様に見せられた画像がアナルローズ。

編集さんへ(アナルローズの画像がありましたらお願いします。)

編集部注:アナルローズで検索してください。閲覧注意です(笑)

うおーーー、なんだこれ?!

脱肛し、真っ赤な粘膜が露出した拳大の部分は、肛門だとは到底思えません。
あたかも潰れたトマトをアナルに埋め込んだかのよう。。


『こ、これ‥‥どういう状態ですか‥?』


『前のセフレなんだけど。ユキヒメちゃんのアナルもここまで拡張してあげたいんよね、ぶっといので極限まで拡げるとこうなるから。
缶とか、ゴーヤとか。
あ、ひいてるかな?でも優しくこうしてあげるからね。安心して欲しい。(お尻を撫で回す)ああ、想像したら勃ってきちゃった、ほら、お尻犯らせて。』


そういっておちんちんにローションを塗ると、バックの体制で生アナルにあてがい、ぐいっと根元まで沈めてきました。
つい10分ほど前に挿れたばかりのアナルでしたのですんなり受け入れてしまったのです。


『あ‥だめ‥◯◯さんっ‥生はやめて‥?!』

ユキヒメ、病気が怖いので、生はNGにしてました。


ただでさえ、アナルは犯されてる感じがすごいんです。
おまんこはもう快感に慣れているから直ぐ絡みついて馴染むんだけど、アナルは構造上、挿入物を拒否しますもんね。

でも、生アナル、気持ちよかったんです。。。カリがでかめなお客様だったからか、直腸を生のおちんちんでこすられると、腰の再奥からまたあの独特の浮遊感を伴う快感が疼き出してきました。


『ああっ‥んああっ‥‥っ!抜いてください‥っ‥!』


『だめじゃないでしょ?お尻、イイでしょ?』

真っ白な尻肉を鷲掴みにしながらなおもガツガツ腰を振るお客様。


『アナルローズはねえ、踏ん張ると出ちゃうだけで、いつもこうってわけではないみたいだからね、安心して。』

(ああっ‥‥どうしよ‥ゾクゾクしてきた‥っ‥)

『俺のちんこで奥までもどしてやれるから。』


(‥あぁ‥もう‥かんにんして。‥)


ぐったりしたユキヒメに乗りかかり、今度は寝バックの体制でしつこくアナルを犯しはじめるお客様。

最後は涙目で抵抗したら、中出しはせず、お尻にたっぷり熱い精液をぶっかけられました。


文/戦場ヶ原ユキヒメ


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

戦場ヶ原ユキヒメ

男の精を吸って生きる戦場ヶ原ユキヒメです。90年代生まれにして百戦錬磨型ハイパービッチのユキヒメが放浪の末にみたものとは。風俗・出会い系での売春・スカウトウーマン・愛人、はたまたちょっと書けないような裏稼業で生き延びてきました。ネタありきの半生をまったりとしゃべらせてね♡脳漿炸裂ピンクワールドに貴男をいざないます。

戦場ヶ原ユキヒメ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店