2017年 10月 11日

55

【M性感アオイ嬢14】やり手スカウトマンの紹介で高級デリバリーヘルスへの移籍を考える

綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://inran-kyoto.com/
 

HZYPNVLQ.jpg

シリーズ連載「M性感責め専門アオイ嬢
好きな言葉は予約完売、好きなプレイはアナル開発、連続ドライオーガズム。超売れっ子嬢がお送りする山あり谷ありの風俗ライフ。

仕事の早い男、長谷川

スカウトマンの長谷川は仕事が早かった。
お店に来たその日のうちに、もう話を通してくれていた。
仕事が終わるとメールが入っていた。

「(さっき先方に話をしたらOKでたよ!急なんだけど今日仕事終わってから面接っていけないかな?迎えに行くので!&夜ご飯おごりますよ♪)」

まじか。今日か〜。けどまぁ予定もないしかえってご飯作るのも面倒だし丁度いいか!
ということで、いま終わったけどすぐこっちに来れたりしますか?と返信した。

「(10分くらいでお迎えに行きます!ご飯何食べたいか考えておいて〜♪)」
はっや!!!

そんなこんなで急いで片づけをしてお給料を受け取りに行った。

そこで店長に話をしてしまった。
「今日お店にスカウトマンきて今から次のお店の面接行くことになりました。」

店長が少し曇った表情になった。
「お店にスカウトマン来たの?ちょっとそれは問題だけど・・まぁ今回は聞かなかったことにするよ。事情もあるしね。」

店長は困った表情と優しい表情の入り混じった微妙な表情をしていた。

目先の金よりまず安全確保

店長はつづけた。
「それよりその人どこのスカウトマンだったの?大丈夫な人なの?」

えーと・・いろんなお店の名前だしてたけどどこの人かはわからない。
長谷川って名前とメールアドレスしかわからないと答えた。

「直接お店に連絡して本当に今日面接の話が通っているのか確認したほうがいいよ!もしスカウトマン装ってる変な奴だったら危ないよ!」

店長に言われて初めて怖くなり、先方のお店に電話をかけてみた。
「いまから面接ですか?えーと・・ちょっと僕わからないですけど・・」

電話に出た男の人は面接の話は聞いていないようだった。
急に怖くなってきた。

が、そこのお店の店長に取り次いでもらって長谷川から今日これから面接に来るという話が入っていることを言われホッとした。
どうやら事務所ではなく食事をしながら面接の話をという感じだったようだ。

電話をきって、店長に大丈夫だったこと、事務所ではなく食事しながら外で面接らしいことを伝えた。

「・・・アオイちゃん・・・来週からも残りの2ヶ月、うちのお店に出てくれるよね?多分良い待遇と条件だされそうな状況だよ・・僕、心配だけど信じてもいいかな?」

もちろん大丈夫!と言っても店長はビル前まで送ってくれた。
心配してくれていたことと・・・あとは長谷川の顔を確認したかったのだろう。

「(車で来たから!白のベンツ、ビル前に停まってるからそれです♪)」

店長は車のところまで見送ってくれた。
これも多分車の車種とナンバーを確認するためだろう。
上に報告したのかな?その当時はそんなことも考えてなかったけれど多分そうだろう。

店長に手を振って長谷川の車に乗った。

「おつかれさま〜!何食べたい?お店決めたら先方の店長も合流してもらってお話ししようか♪」
長谷川は常に語尾に音符マークが付くような口調だった。

お刺身が食べたいな〜。そう伝えると、俺いい店しってる♪といってそのお店に電話をしながら車を発進させた。

お刺身天国♪

面接をするお店の席も確保でき、お店に到着するともう店長は到着していた。
「お疲れ様です♪はじめまして、先ほどはお電話ありがとうございました高畑です。」
店長も語尾が音符付いてる感じ。
3人で個室の席に案内されお刺身を囲んで面接が始まる。

「さっそくなんですけど、是非うちのお店で働いてもらいたいです!」
まだ2ヶ月間は出勤する約束をしているからすぐに移籍できないことを伝えた。

「いま在籍しているお店と並行して出勤はできませんか?週1日でもいいです。」
1日出勤して1日休む感じで火・木・土で勤務していてその勤務を崩したくないということを伝えた。

体力のありあまっている若いうちにもっと働いておけ!と当時の自分に本当に言いたい。

店長は最終手段かのようにカバンから1枚の紙を出して見せてきた。


私はこのあと一瞬にして心変わりしてしまうことになる。
あぁなんて弱いのかしら・・・


文│綾野アオイ


↓↓↓マニアックスライター陣がネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をマニアックスまでお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

好奇心から始めたソフトSM店・M性感店でM男遊びにドハマリして貴重な10代と20代を浪費した風俗嬢17年生。 好きな言葉は予約完売、好きなプレイはアナル開発、連続ドライオーガズム。指名客には恵まれるもプライベートの男運の無さは反比例の呪いにかかっています。

綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店