2016年 08月 24日

887

五反田の歴史とSM系風俗が多い理由

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://kq21.com/k_q/index.html
 

RAIRRHTC.jpg


都内の風俗街といえば、アジア最大の歓楽街といわれる新宿歌舞伎町を筆頭に、吉原や池袋、渋谷、蒲田、鶯谷、小岩あたりをあげることができますが、山手線の駅のひとつである五反田も、SMマニアや受け身マニアの間では、長年定番の場所として名高い場所になっています。五反田は、いつごろから今の姿になったのでしょうか。

江戸時代に作られた町


五反田という地名の由来は、江戸時代の「五たんだ」がはじまり、といわれています。今も町を流れる目黒川の谷の周辺の水田が五反(およそ5000平方メートル、東京ドームの敷地の3分の1くらいの広さです)であったことから、そのまま「五反田」という地名になった、とのことです。当時は大崎村の字(あざ、村より小さい地域のくくりで、今も地方には字という呼称が残っています)のひとつでしかなかったのですが、現在では五反田は完全に独立した存在として、近隣の大崎や目黒とは、街のキャラとしても一線を画しています。

花街の発祥は大正時代


五反田の風俗街としての出発は、関東大震災以前の、大正12年の花街の発足までさかのぼります。当時は北区の尾久と並んで、都内最大級の規模の花街でした。その後も昭和40年頃までは、目黒川周辺の企業や工場の存在を背景に、風俗産業も賑わいを見せていたのですが、店舗型の風俗としては、現在は非常に少なくなってきています。山の手線の駅の北側、東五反田には今も「五反田有楽街」のアーケードが残り、周辺には店舗型のお店も残っていますが、「SM風俗のメッカとしての五反田」の雰囲気は、まったく感じられません。

30年前には今の地位を確立していた?


しかし、現在ほどSM系風俗がメジャーとなる以前から、五反田はその第一人者としての地位を確立していました。たとえば五反田の老舗のとある「受け身専門店」は、30年以上の歴史を持っており、今もなお営業を続けています。古くから無店舗型の業態が根付いていたことも、当時まだ少数派だったSM系風俗が集中した原因のひとつではないか、と考えられます。長い歴史の中で洗練されてきた五反田のSM風俗、遊んでみる価値は大いにありそうです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事