2017年 12月 03日

21

【M性感アオイ嬢26】お金お金お金とお酒

綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.h-kingdom.com/
 

KUCXECUY.jpg

とにかくお金

デリヘル一本の生活になり、私はどこか落ち着かなくなっていた。

いままでSM店ではいつも同じ部屋を使って仕事をしていたから自分の部屋のような安心感があった。
食事や喫煙は待機室でという決まり以外はずっと部屋にいたから。

あの日、クラス会から私はなんだか頭の中がお金を稼ぐことでいっぱいになってしまっていた。
自分の価値はお金をたくさん稼いでこそ決まるとまで思うようになっていたから。

学歴がないから。もう昼の仕事には戻れない気がした。
戻ってもきっと安い賃金で雑に扱われて使い捨てられるんだ。学歴がないから。

全てを学歴がないことのせいにしたかった。

大学には進学したかった。
でも高校を転校して教師になる夢も諦めたら、何のために大学に進学するのか目標が見つけられなかった。

両親は「大学に入ってから決めてもいいんだよ。」といってくれていた。
しかしそこでも夢をみつけられなかったら数百万の無駄な出費と無駄な時間を過ごすことになると思った。
そのために両親にお金をださせるわけにはいかないと思った。
自分で学費を稼いで払うという考えはなかった。

それこそ夢もないのに数百万なんて、何を頑張ればいいのかわからなかった。

高校、私立に転校して勉強についていけなくなった。
わたしは挫折したのだ。

挫折してなぜか歯科助手になった。
ただ、なんとなく。

歯科助手の白衣、かわいいな〜。
そんな感覚で面接をうけたら採用になった。

そしてあんなふうに雑に扱われて棄てられた。

あんな汚い大人に使い捨てされる人生はもういやだ!

だからもうとにかくお金を稼ぐことに夢中だった。
お金とストレスは比例して溜まっていった。

発散する場所がない!

リカはアキラ君のバースデーでシャンパンタワーをしてあげるの!と張り切っていた。
そして出稼ぎでソープランドに行っていた。

リカはいつも輝いているようにみえた。
毎日が楽しくて充実しているとも言っていた。

全てがアキラ君一色の生活だった。

そんな生活も、うらやましく見えていた。

リカおかえりなさい!

リカが出稼ぎから帰ってきた。
1ヶ月の出稼ぎで290万円も貯めて帰ってきた。

凄すぎる・・・

「あと10万で300万だったのに生理始まっちゃったよね〜」

いや、充分すぎるほどにすごいよ!!!

「これでアキラにすっごいシャンパンタワーしてあげるの〜♪」


眩しい!!!!!

リカ、眩しすぎるよ!!!

二週間後に控えたアキラ君のバースデーイベント当日を想像してリカは本当に楽しそうに話していた。

「あの日、面接に一緒にきてくれてありがとう。アオイちゃんのおかげでタワーできるようなもんだよね!!!」

そんな、なにもしてないのに、いつもリカはありがとうって言ってくれる。

いつもニコニコ楽しそうに話してくれるリカが大好きだった。

「そうだよ!アオイちゃんのおかげでもあるんだからアオイちゃんも一緒にタワーしようよ!!一緒にお祝いきてよ〜!!アホくらい飲んで発散して楽しもうよ!」

お祝いなのにシャンパンも入れられないから申し訳ないと断った。

「何本シャンパン卸すと思ってんの!?飲みきれないって!入れなくていいって!!だから行こう!ね!決まり♪」

ちょっと強引なリカも、まぁお誕生日だしいいかな!って行くことにした。

本当に大きくてきれいなシャンパンタワーだったなぁ〜。


その日が楽しすぎて、わたしはストレスが発散できた。

お酒飲んで日常忘れることがこんなに楽しいなんて思わなかった。

そんなこんなでお察しの通り泥酔生活の到来です。


文│綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

好奇心から始めたソフトSM店・M性感店でM男遊びにドハマリして貴重な10代と20代を浪費した風俗嬢17年生。 好きな言葉は予約完売、好きなプレイはアナル開発、連続ドライオーガズム。指名客には恵まれるもプライベートの男運の無さは反比例の呪いにかかっています。

綾野アオイ(責め専門M性感嬢)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店