2017年 12月 07日

36

【アナル舐め】ファミレスで奇妙な取り合わせのオーダーをするオンナ

中川デイブ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://39group.info/shinjuku/
 

BXFUEEBW.jpg

“痩せの大食い”という言葉がありますが、その日にテレクラでアポったオンナは、まさにソレを地で行っていました。金額の問題ではなくて、常識というか嗜みも大事なんだと、その時に思いましたデス。でも、それには理由があったんですけどね…

お茶を飲みに行きたがるテレクラ・オンナ

1990年代に入ると、テレクラ熱がヒートアップしてきて実に色んなタイプの女性がコールしてみたものです。どんな世界でも“当たり外れ”はあるモノですが、外れはさておいて今回は私的には面白かった顛末をひとつ紹介します。とにかく舐めるのが大好きで、アナルまでナメナメしてくれちゃうコでした。

当時(現在もですが)私は、フリーランスで仕事をしていたために比較的時間に自由が効いて、男性客の競争率が低い時間帯にも、よくテレクラ店に出没していました。その中でも常連だったのが埼玉県南部「S市」にあった「C」には特によく通っていたんです。

そんな平日の16時くらいに店にいると、1本のコールがありました。「今日なんですけど、時間ありますか?」と聞いてきます。季節は春で、もうすぐ4月になろうとする頃。最初は春休みの学生サンかと思うくらいの幼い感じの声でした。

当然ながら、私の答えは「あるよ」ですよね。だから、店にいるんですから(笑)。
「だったら電話だと、どんな人だか分からないから会ってみたいんですけど、お茶でもどうですか?」と続けてきました。私は心の中で「こっちだって、アンタの事は分かってないよ」と思いながらも、「いいですよ」と、取り敢えずは答えてみたんです。

それにしてもプロフも分からないんじゃ不安なので、聞いてみると彼女・ミキちゃん(仮名・20歳・もうすぐ新社会人)は小柄で痩せ型だと言うことでした。この春に専門学校を卒業して、もうすぐ入社式なんだそうです。

とにかく空腹だったみたいで…

「クルマだとファミレスの方が停めやすいから、そうしませんか?」と、待ち合わせのS駅前から乗り込んできたミキちゃんは言いました。
彼女は本人が言うように小柄で、全体的に女性的な曲線のないボディをしていました。ニット越しにも胸が目立っていません。そのうえ、童顔なのですからロリコンにはタマらないでしょう。

しかし残念な事に、私に“そのケ”はないので至って冷静に対処していました。「ブラジャーしてる?」とか、平気で訊いてたりしてましたから(笑笑)。こんなコが、舐め奉仕でアナルまでペロっちゃうんですから、分からないものですね。

そうして店に着くと「好きなモノ、頼んでいいですか?」と聞いてきたので、普通に「いいよ」と応えたんですよ。で、何気なしに「決まった?」と訪ねると、ステーキとハンバーグと、それから…etc」。
とにかく、大食いなのは分かりますが、料理のマッチングも変なんです。

それを聞いていた私は「小さいかな(チンチンじゃないよ、気持ちがだよw)?」と思いながらも、「お腹壊すから、ほどほどにしときなよ」。

彼女はガッカリした様子で、“フランクフルトの盛り合わせ”と“大ライス”を頼んでいました。なに考えてるんですかね?
私は怖くなって、珈琲もそこそこに早く(店を)出る事ばかり考えていました。

ホテルでも言葉は少なめだけど、動きは積極的!

彼女の動向が少し変だったので、Hはシてもシなくても、どちらでもいいという感覚になってきましたが、道沿いにラブホが見えてきたので「アッチも行こうよ?」と誘ってみると、嫌がる様子もなく「別にイイよ」。

部屋に入ってミキちゃんを裸に剥いてみましたが、やはり背の低い“オリーブ体型”でした。それでも、乳首はツンと勃っていて、既に感じている様子です。
「どうしたの、まだナニもシてないのに?」と、ホントに不思議だったので聞いてみると
「オチンチン久し振りなの。一人しか知らないけど、高校から4年間一人の男と付き合ってて、Hは見かけよりもヤってるんだよ」と言っていました。

その元彼は同い年で、やりたい盛りの年齢だったからか、とにかく何でも彼女にヤらせたそうです。全身リップから始まってバスルームでの放尿まで、言葉少なでしたが黙々とヤっていました。

試しに、「お尻の穴の所も舐めてみてよ」と言ってみると「いいよ!」と言って延々と舐めていました。「同時にチンチンを手でシゴいてみて!」というと、「え~、こんなんで気持ちいいのぉ」と言いながら発射の際には、仰向けになってゴックンしていました。

その彼は就職で遠くに行ってしまったために「別れちゃった。淋しいけど、すこしホッとしてる」だそうです。

私が見たところ、卒業・就職・彼との別れ等々が重なって、「精神的に疲れてるのかな」って思いました。それで過食気味になっていたんだとも思いました。とりあえず、正常位でもう1回キメて、その後も横から…。最後には「チンチンありがとう」と、わけの分からないお礼を言っていました。

なんとなく心配だったので、別れ際に連絡先を教えました。でも、本当に電話してくるとは思ってもいませんでしたけど…。

アナル舐めだけではなく放尿も披露

高校2年から一人の男とだけ付き合っていたミキちゃん(仮名・20歳・もうすぐ新入社員)は、その元彼しか知らないために、Hは“言われるがまま”みたいでした。

そのおかげで、私とテレクラで会った日にも全身リップからアナル舐めを、いとも普通にこなしたのでした。最初の1発を口内に発射した私は、気持ちもチン棒君も落ち着いて、その後はまぁまぁ優しく接していました。

小さいオッパイと、そこからポツンと突き出したピンクの乳首をソフトに舐めてあげたり、ヘソからマンコまでを舌でレロレロしてあげると、うっすらとジュースを滴らせながら「変な気持ち、こんな事、彼氏はしてくれなかったっ」と感激していた位です。

そのまま正常位で2発目を発射した事は前回で記しましたが、さらに測位からも、もう1回放出したのでした。

その間には、風呂場で放尿させたり私もイロイロとやってもらったので、「また食事くらいなら付き合うから、連絡して」と、電話番号を教えたのでした(当然、スマホなどではなく家の電話です)。

ホントに「遊んでよ」と電話してきたオンナ

桜前線の北上がニュースで流れ出した頃には、私はミキちゃんの事はすっかり忘れていました。あの日から2週間近くは経っていましたし。

そんなある夜、私が原稿をシコシコ書いていると「ミキです、覚えてますか?」と電話が来たのです。よくある名前ですが、最近会ったミキちゃんはアナルまで舐めてくれたコしか思い当たりません。
私「覚えてるよ。どうした、こんな夜に。眠れないからオナニーの仕方でも教えろってか?」
ミキ「そんなの知ってるよぉ。それよりも、会社が始まっちゃうから、その前に遊んでよ」。

と言うので急遽、翌日の昼間にドライブする事にしたんです。昼頃に待ち合わせ時間を設定したのですが、また変な取り合わせの料理をオーダーされても恥ずかしいので、あらかじめMのハンバーガー類とコーラを買っておきました。

「準備いいんだね。でも、もう変な組み合わせのモノは頼まないから大丈夫だよ」と笑っています。どうやら、だいぶ明るくなってきたようです。
当てもなくクルマを走らせているように見せていましたが、明るくなった彼女を見て閃いた事があったのです。

健全!?野外でデート

それは陽のあるうちから行う“野外露出”と“野ション”でした。私は、今は「越○レイクタウン」と呼ばれている休耕田地帯を走り抜けて、人気のない公園・グランドに愛車・カマロZ28をパーキングに入れました。
田舎だけあって、その駐車場は広いのですが、平日の昼間はいつも休憩&サボリの営業車が2台~3台停まっているだけでした。

そこからあぜ道に入り「ここでオシッコしてよ、この前みたいに」。
彼女はホテル内で元彼と私にのみ放尿シーンを見せた経験はあるものの、野外では初めてのようで「誰かに見られるよぉ、止めようよぉ」といいながら、ジーンズとピンクのパンティを膝まで降ろして「チョロチョロ、ジャ~」と聖水を噴出させています。
「スッキリしたでしょ?」と聞くと「うん!」と返事をしています。私はそのまま、ジーンズとパンティを取り上げて、下半身をマル出し露出させたまクルマまでの約20mを歩かせました。「止めてよぉ、ダメだよぉ」と最後は小走りになってしまったのが残念です。

そのままジーンズとパンティを返さないで露出させたまま、また少し走らせました。今度は高校野球の地区予選や年に1度、ジャイアンツの2軍戦が行われる球場の駐車場でカー・セックスを試みます。彼女は頼んでもいないのに、その日は自分からアナル舐めを敢行してくれています。私はマンコに入れる前にまたしても発射してしまいました(当然、その後はきっちりと濡れマンでもイきましたよ)。

その後もたまに「元気?」と電話をかけてきていました。「彼氏ができたよ」と言ってきてからは、すっかり音信が途絶えましたが、元気でやっている事でしょう。


文|中川デイブ

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店