2016年 10月 05日

269

渋谷のキャバ嬢に聞いた!死ぬまでスイートルームを予約している男性

チャン小林(アダルトライター)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://kobe-bishin.com/
 

HTFUELHW.jpg

渋谷のキャバクラに在籍していた女性と、恥ずかしながらお付き合いしていた時に聞いた話です。キャバクラに遊びに来る男性は、年齢や仕事関係なくやってきます。お客さんの中には、会社の社長といった、普通では考えられないほどのお金持ちだったりするのです。

お金持ちの男性であれば、キャバ嬢や風俗嬢など愛人を抱えていることもあります。一ヶ月で100万円といった大金を支払い、お店のナンバーワンの女性と愛人契約をしていたのは、某大手アミューズメント会社のお偉いさんだったのです。

すでに死ぬまでの宿泊費は支払い済!

毎週のように決まってお店に遊びに来ては、大金を使ってお酒を飲んで帰るのですが、なんと家はホテルに住んでいるとのこと。しかも、スイートルームを死ぬまで予約していたのです。宿泊費は全て支払い済ということになります。男性の年齢は40代後半で、80歳まで生きるとしても残り30年分もあるのです。

口癖は「いつ死んでも、ホテルの人が見つけてくれるから安心」と言っていたといいます。

愛人は合計4人も!

愛人の女性によると、愛人は彼女だけでなく、合計で4人もいるとのことです。勿論、カラダの関係はある事は間違いないのですが、一人当たりに100万円を渡してしまうほどの、財力に衝撃を受けてしまいます。毎月ホテルで会うのは、一回から二回と少なく、カラダの関係にならないことも。

ただ、彼女が言っていたのは「頑張っている女性を応援したいだけ」というのが、愛人契約している理由ということなのです。


文|チャン小林(アダルトライター)


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

アニリングス大阪
尻舐め女
うちの看護師にできることと言ったら・・・in渋谷KANGO

このコラムを書いた人

チャン小林(アダルトライター)

実家は風俗店を長年に渡り経営。最強の風俗遺伝子を受け継いだフリーライター。世界の風俗を愛する、未だ中二病から抜け出す事ができないバツイチ。

チャン小林(アダルトライター)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店