広がりまくる世界!顔面騎乗の無限の可能性を楽しめ!

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

広がりまくる世界!顔面騎乗の無限の可能性を楽しめ!

セックス

フェチ・変態

瀬尾マサト 0 1,233 2018/02/28

男の顔の上に女がまたがる、顔面騎乗はただそれだけのプレイではありません。技を尽くせばただアソコが顔に密着する以上の楽しみを享受することができるのです。今回は男女それぞれに気をつけていただきたい顔面騎乗のテクニックと楽しみ方をご紹介いたします。

嬢側のテクニック

顔面騎乗とは女が男の顔の上にまたがりそのままお尻やアソコを押し付けるプレイを言います。痴女×M男のプレイに思われがちですが実際はそんなこともなく、ノーマルでも十分に楽しめるものです。

嬢側に気をつけて欲しい点としてはしっかりと顔に押し付けて欲しいということでしょうか。こちらとしてはお尻の感触やアソコのずぶ濡れ感を楽しみたいのに、恥ずかしがったり気を使って中途半端に空間があいたりしてしまうと非常に困ってしまうのです。手慣れた嬢であればこちらの意見など聞かずにグイグイと押し付けてきます。苦しいことは確かですが、顔面騎乗というのはそれでいいんです。呼吸に関してはこちらで調整します。

もう一つ抑えておきたいのは「自分で気持ち良い場所に当てる」ということでしょうか。男は顔面騎乗されれば必ず舌を出してペロペロします。ですから、嬢はその動きを股間で感じ、自分が気持ち良い場所に動くべきなんです。責め好きな男であればよりその気持ちが強くなります。お客の舌に自分からクリを当てにくる、そんな嬢に出会えたら責め好きな男性としては嬉しくて仕方ないんです。本能に身を任せ自らの腰をお客の顔や舌に押し付けましょう!

男側でできること

顔面騎乗は一見M男が痴女に責められているように見えますが、見方を変えると女を上に乗せて寝っ転がりながらクンニをしている、という状態でもあります。つまり面倒くさがりがクンニをしているような感じなんです。

せっかく目の前に女性器がありクリトリスが待っているんですからこれを責めない手はありませんよね。女性が押し付けてくるのを待つだけではなく、嬢の腰を持って自分からグイグイと顔に押し付けましょう。舌だけでなく鼻や唇、顎なども女の子にとっては良い刺激となります。こちらから動かしてやることで顔面騎乗は男の責め技へと転じるのです。

また、体勢的に胸を責めることはできませんが、背中や脇腹、太ももやお尻といった部位は十分に愛撫することができます。顔は性器に押し付けられている分、自由に動かせる両手で様々な部位をさわさわしてあげましょう。嬢としては「手は動かさないだろう」と高をくくっていますから、いきなり責められるとびっくりするはずです。ビクッとした瞬間にアソコがキュッと締まりますのでそうした感触も楽しんでみてください。

このように、顔面騎乗は男も女もテクニックを尽くすことでまだまだプレイとしての可能性を秘めているのがお分かりかと思います。ぜひとも色々と試してみてください!

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年6月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1423人登録
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから648人登録
3位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5353人登録(女性は807人)
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから601人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから204人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサトのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい