「豊臣秀吉がアナルしか知らなかった説」を調査する

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

「豊臣秀吉がアナルしか知らなかった説」を調査する

アナルコラム

トリビア

つかもとまさし 0 4,909 2018/10/01

「日本ではいつ頃からアナルセックスがおこなわれていたか?」というところを調査するうえで、避けて通れないのが、戦国時代あたりの時代背景ではないでしょうか。かつての日本は「男尊女卑」という言葉が浸透していたとおり、「男性中心の世の中」であったことは事実です。そんな中で、なんと男色一辺倒の時代があった、というのです。そんな中で、「豊臣秀吉になかなか子供ができなかったのは、アナルセックスしか知らなかったからだ」という説が、まことしやかに伝えられていますが、本当なのでしょうか。

戦国時代は、現在より男色がメジャーだった?

日本におけるアナルセックスの歴史を紐解いてみると、「戦国時代には男色が横行していた」、といった話が結構すぐ出てきます。確かに、ある有名な歴史小説には、かなりの頻度で男色のエピソードが盛り込まれていて、必ずしも後付の作り話とはいえない部分があります。古くは平安時代の藤原頼長の日記に、既に同性愛と思しき記録が残っていたり、有名な万葉集にも、男色を暗示する和歌が収められていたり(大伴家持の歌ですが、解釈には諸説あります)で、このジャンルに関しては、日本も古くから欧米なみに進んでいたことがわかります。

豊臣秀吉に子供ができなかった理由

このような中、有名な豊臣秀吉は、この時代では珍しい(?)「生粋の女好き」であったにも関わらず、子供を授からなかったことで知られています。何人も側室(つまり愛人を含めた奥さんという立場の女性)がいたのですが、子供ができたのは晩年に側室となった淀という女性のみ、とされています。ここで浮上したのが、「アナル好き」説です。

真偽は不明

男色全盛とされる時代にあって「稀代の女好き」で知られた秀吉が、実はアナル好き、または「アナルしか知らなかった(たまに間違えて普通に行為をおこなった)」との憶測が議論を呼んでいるとは、なんとも興味深い話です。昨今ではこのあたりの事情を含めて興味を持っている女子(「歴女」とかいわれていますが、ボーイズラブの客層とも一部被っているようです)も増えていて、周辺の話題がネットをにぎわせたりしています。真偽の程は不明ですが、合コンなどでの話のネタなどには使えそうですね。



article image
【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のサイト

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX
お得に利用する方法
・法令遵守サイトなので年齢認証は必須です
・登録後2日以内のポイント購入はボーナスがつきます

 ↓
クレジットカードでポイント購入すると、年齢確認も同時に完了するので、登録時にクレジットカードで3000円〜5000円購入するのが手軽で一番オトク!
2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさしのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい