五反田の歴史とSM系風俗が多い理由

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

五反田の歴史とSM系風俗が多い理由

トリビア

SM

つかもとまさし 0 3,947 2018/11/12


都内の風俗街といえば、アジア最大の歓楽街といわれる新宿歌舞伎町を筆頭に、吉原や池袋、渋谷、蒲田、鶯谷、小岩あたりをあげることができますが、山手線の駅のひとつである五反田も、SMマニアや受け身マニアの間では、長年定番の場所として名高い場所になっています。五反田は、いつごろから今の姿になったのでしょうか。

江戸時代に作られた町


五反田という地名の由来は、江戸時代の「五たんだ」がはじまり、といわれています。今も町を流れる目黒川の谷の周辺の水田が五反(およそ5000平方メートル、東京ドームの敷地の3分の1くらいの広さです)であったことから、そのまま「五反田」という地名になった、とのことです。当時は大崎村の字(あざ、村より小さい地域のくくりで、今も地方には字という呼称が残っています)のひとつでしかなかったのですが、現在では五反田は完全に独立した存在として、近隣の大崎や目黒とは、街のキャラとしても一線を画しています。

花街の発祥は大正時代


五反田の風俗街としての出発は、関東大震災以前の、大正12年の花街の発足までさかのぼります。当時は北区の尾久と並んで、都内最大級の規模の花街でした。その後も昭和40年頃までは、目黒川周辺の企業や工場の存在を背景に、風俗産業も賑わいを見せていたのですが、店舗型の風俗としては、現在は非常に少なくなってきています。山の手線の駅の北側、東五反田には今も「五反田有楽街」のアーケードが残り、周辺には店舗型のお店も残っていますが、「SM風俗のメッカとしての五反田」の雰囲気は、まったく感じられません。

30年前には今の地位を確立していた?


しかし、現在ほどSM系風俗がメジャーとなる以前から、五反田はその第一人者としての地位を確立していました。たとえば五反田の老舗のとある「受け身専門店」は、30年以上の歴史を持っており、今もなお営業を続けています。古くから無店舗型の業態が根付いていたことも、当時まだ少数派だったSM系風俗が集中した原因のひとつではないか、と考えられます。長い歴史の中で洗練されてきた五反田のSM風俗、遊んでみる価値は大いにありそうです。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年6月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1423人登録
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから648人登録
3位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5353人登録(女性は807人)
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから601人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから204人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさしのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい