アナルを使うとドライオーガズムにたどり着けるという話

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

アナルを使うとドライオーガズムにたどり着けるという話

アナルコラム

前立腺・ドライオーガズム

つかもとまさし 0 9,330 2018/09/17

アナルセックスというキーワード、よく耳にするものの、実際に経験した人がどれくらいいるのかは、あまり知られていません。一説によると「(同性愛の人を含めて)セックスを楽しむ人の約半数はアナルセックスも楽しんでいる」、とのデータがありますが、それでも残りの半数は経験をしていないという、ある意味「未知の領域」ともいえる存在です。まだ経験していない人に、アナルセックスの魅力を説明するにあたり、アナル界隈の快感のメカニズムを探るヒントとして、昨今「ドライオーガズム」というキーワードが取りざたされています。

20代では35%程度の浸透度?

アナルセックスの経験や周辺前戯について、興味深いアンケートデータが残されています。「20代のOLおよそ500人にアナルセックスの体験を聞く」という試みが、2014年以降におこなわれています。結果のほうは、アナルセックスについて「34%が経験あり(うち30%程度が『快感があった』と回答)」、アナルなめについては「30%が経験あり(これに対し「アナルをなめられた経験」は40%とやや多い)」というものでした。数値だけ眺めると、女性のほうからは、それほど高い支持を集めていないようにも見えます。やはりアナルに勝る性具を身に着けているからでしょうか。

ドライオーガズムとは

次に男性のアナル風俗の界隈で話題になっている「ドライオーガズム」の解説ですが、簡単に言うと、「射精を伴わない、または射精にまで至るまでのプロセスで得られる、大きな快感(=オーガズム)」とのことで、この秘密が実は「アナル」にある、というのです。医学的にはまだ未解明の部分が多い前立腺がアナルにあることはよく知られたことですが、大昔から宗教儀式などでも重宝されてきたようで、前立腺は、人間の本能と直結した器官でもあります。

精神的にも満足できる?

アナルを使ったオーガズムの特徴として、「肉体的だけではなく、精神的にも解放感や満足感を得られる」とのことで、射精一発で急速に日常に戻ってしまう「ウェットオーガズム(射精で得るオーガズム)」と比較すると、このあたりがアナル風俗の人気の秘密なのではないか、と思われます。男性でアナルを試していない方は、体験してみる価値があるのではないでしょうか。

http://www.shibuya-kango.com/



【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX

2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
7位
サンマルサン(R18)
定額サイトでポイント代を気しなくていい。エロ確実なのはサイトを見れば分かります。マニアックスから267人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさしのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい