アナル好きは変態ばかり?

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

アナル好きは変態ばかり?

小説

清水照美 0 16,630 2018/10/15

アナル風俗を始めて半年たった。

いろんな風俗の中から、アナル風俗を選んだのにはわけがある。

それは、アナル風俗ならフェラチオしなくて済みそうだと思ったからだ。

そう。

私はあまりフェラチオが好きではない。

彼氏に頼まれればしてあげるけど、自分からすることはない。

咥えたらオエッとなるし、口に出されたら泣きそうだ。

全然風俗に向いてないけど、アナル風俗ならフェラチオはしなくていいから大丈夫。

始めるまではそう思っていた。でも、大間違いだった。

アナル風俗でもフェラチオするし、口にも出される。

それに、アナル専門の風俗にはアナル舐めもある。

最悪だ。

でも、何とか続いてる。

アナル風俗だから当前だけど、アナルに執着する男の人が多いのに驚かされる。

アナル好きというとゲイを連想するけど、それとは違う。

では、ゲイでもないのにアナル好きになったきっかけは何かというと、意外に多いのが、少年期に自分でアナルをいじっていて快感を覚えたというケース。

さらに、子供時代に鉛筆や小石などの異物を、アナルに入れて遊んでいたという人も少なくない。

しかし、多くの場合は少年時代の一時期だけでこんな遊びは終わる。

だけど、稀にそれが大人になるまで続く場合がある。

そういう人が、アナル風俗にやってくるわけだ。

また、中には腸の内視鏡検査を受けて、アナルに目覚める人もいるという。

要するに、何がきっかけになるかわからない。

私のお客さんに、70歳近い人がいる。

この人は、年金が支給されると、2〜3日のうちに必ずやってくる元気なおじいちゃんだ。

もう年齢的にセックスは無理だけど、「お尻をいじってほしいでちゅう」と赤ちゃん言葉で甘えてくる。

指を入れてあげるとすごく悦ぶけど、2本入れると痛がる。

この人がアナルに目覚めたきっかけも、腸の内視鏡検査だったららしい。

若い人だと、アナルに指を入れるとペニスが勃起することがある。

これはまさに、ゲイのセックスと同じ理屈だ。

ゲイの場合は、アナルにペニスを入れると、入れられたほうも勃起して最後は射精する。

限りなくゲイに近いけど、アナル風俗に来る人はゲイではなくノンケだ。

私のなじみ客の中には、自分で持ってきた道具をアナルに入れてくれという人がいる。

店の規則では絶対厳禁なんだけど、なじみ客だから無下には断れない。

先のとがった物とか、どう見ても危険な物は断るけど、そうでなければ入れてあげることもある。

ビー玉を入れてくれという人もいたけど、これなら問題ない

だけど、中にはもっとすごい物を持ってくる人がいる。

前に、割り箸を入れてくれという人がいて困った。

あんなものを入れて出血でもしたら、私だけの責任では済まなくなる。

アダルトグッズを持ってくる人もたまにいる。

アナル専用のグッズの中に、ビー玉がいくつもつながったような物がある。

名前は知らないけど、あれをアナルに押し込んで、一気に引き抜いてくれと頼まれたことがある。

さすがにそれも断った。
アナル好きには変態が多くて困る。



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、本当に出会えるサイトだけ生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。マニアックス読者の登録者数を見てください!

2022年11月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5881人登録(女性は888人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1985人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1254人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから774人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから236人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい