あなたはS?それともM?意外と知られていないSMの歴史と意味

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

あなたはS?それともM?意外と知られていないSMの歴史と意味

SM

大江セパタクロー 0 1,091 2018/11/05

「そもそもSMって何?」という質問に対して、あなたは正確に答えることができますか?とあるアンケートによると、イメージはつくものの、SM自体が何なのか答えられる人はとても少ないと言われています。ここでは、意外と知られていないSMの歴史とその意味について紹介します。

SMの語源は人物名だった

S(サディズム)とM(マゾヒズム)は、18世紀頃に活躍した人物の名前から取ったものと言われています。ここでは、それぞれの言葉の語源となった二人の人物を紹介します。

サディズムは18世紀から19世紀を生きたフランス貴族、「マルキ・ドサド」から付けられました。彼はとても暴力的な性格であり、何度も牢獄に入れられ、獄中で数々の長編小説を書いていました。何かを虐待することで性的興奮を得ていたマルキ・ドサドは、後に狂人扱いされてこの世を去ります。

それに対してマゾヒズムは、様々な苦痛から性的な快楽を得ていた18世紀の小説家、「ザッヘル・マゾッホ」から付けられています。娼婦の奴隷となった彼は、彼女のために人生を捧げることを誓います。奴隷として生きることに喜びを感じ、その体験談を綴った「毛皮を着たヴィーナス」などの作品を残しています。

SMは「加虐」と「被虐」を楽しむ性行為の一種

サディズムには「加虐行為」、マゾヒズムには「被虐行為」という意味があります。SMの世界では、相手を攻めることに性的な興奮を覚える人をS、攻められることで興奮を覚える人をMで表します。ただし、一部の英語圏ではSMのことを「Slave(奴隷) & Master(主人)」と表すため、SとMが入れ替わるので注意が必要です。

いかがだったでしょうか。最近では日常会話でもSとMが使われる機会が多くなっており、主にいじり役(S)やいじられ役(M)を表すために使われます。とはいえ、元々は性的用語なので、場面を弁えて使用するのが良いでしょう。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年6月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1423人登録
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから648人登録
3位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5353人登録(女性は807人)
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから601人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから204人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

大江セパタクロー

大江セパタクローのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい