【女子大生コラム】エリート男の狂った愛情編。前編

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

【女子大生コラム】エリート男の狂った愛情編。前編

R22(現役女子大生ライター) 0 415 2019/12/05

肩書きだけは素敵な彼氏。

「出会いは、合コンだったの。」そう彼女は話し始めた。

友達から声をかけられて、行くことになったんだ。あんまり乗り気じゃなかったけど、大きな会社らしくてエリートな人たちみたい。
なるほど、確かに名の通った外資系企業である。倍率も高いのではないだろうか。エリートコースを順調に歩んできた男性だと思われる。お酒の勢いもあって、その日エッチしたの。そっからだった。彼がちょっとおかしな人だって気づいたのは…

絵に描いたような綺麗な経歴を持つ彼氏

なかなかに勉強や仕事にストイックで、社会人になった今も勉強を続けているのか部屋には英語の参考書が山積みにしてあった。「とにかく、真面目で一生懸命な人だったの。」

だが、そんな素敵な彼氏の裏の顔はあっと驚くものだったのだ…。

二人は遠距離恋愛で、彼女が週末を利用して彼に会いに来るのがお決まりのパターンだった。新幹線で往復2万円の距離。彼女は学生である。2万円の出費は痛いものだった。
「後で返すから。交通費あげるから、来いって言うの」
だが、彼がお金を返してくれたことは一度としてなかった。そして、行ったら行ったで彼の行動は驚愕的なものだったのだ。家から出してくれない。つまりは、軟禁状態なのである。ご飯を食べに行くのも、友達と会うのも許されない。彼が飲み会なり休日出勤のときは、鍵をかけて出て行ってしまうのだ。彼女は家に一人きりなのである。
「すごいヤキモチやきで…一週間会えなかった分に他の男と会ったりしていないか、不安で仕方なかったって言うの。会ってなかったときの分を取り戻したいって」
つまるところ、ひたすらセックスしているのだ。絶倫なのか、してもしてもまた間を置かず復活する彼。それはまるで、何かに駆り立てられているかのように。
彼女が外に出ようとすると、羽交い締めにしてきたりして何とか外に出させないようにするという。日曜の昼には明日の学校に備えて帰りたい、という彼女の申し出も却下。月曜の朝、授業が始まるギリギリに帰らせるのだった。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年10月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5590人登録(女性は846人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1723人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから948人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから720人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから324人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

R22(現役女子大生ライター)

元キャバ嬢の現役女子大生ライター。官能小説・アダルト・恋愛系の記事を書いています。17でエッチなおじさんに弟子入りして以来、性愛遍歴がタイヘンなことに。将来は風俗店を経営しようと画策中。

R22(現役女子大生ライター)のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい