男は処女の私に「肛門にエネマグラを入れてくれ」と言った

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

男は処女の私に「肛門にエネマグラを入れてくれ」と言った

小説

アナルコラム

前立腺・ドライオーガズム

清水照美 0 5,404 2017/03/29

近所に40歳くらいの一人暮らしの男がいた。

以前は結婚していたが、奥さんに逃げられたと母から聞かされていた。

「あの男には気をつけて」

母はよくこう言っていた。

ある日回覧板を持って行くと、男に呼び止められた。

中学1年なのに胸も発育していない私は、まだ男に対する警戒心がなかった。

「お前の母親は風俗嬢なんよ」

いきなりそんなことを言われてドキリとした。

だけど、風俗嬢が何のことかわかっていたわけではない。

男の話し方から、風俗嬢とはいけないことだと感じていた。

「風俗嬢って何するか知ってるか?」
「知らん」
「そうだろうなあ」

男は少し考える顔をしてからこう続けた。

「あのな、風俗嬢というのは、男のチンコを舐めるんよ」
「チンコってオシッコするとこやろ。そこ舐めてどうするん?」
「ハハハ、お前は本当に何も知らないんだな」

男は愉快そうに笑いながら、舐めるように私の体を見た。

「男はな、チンコ舐めると気持ちいいんよ」
「ほんとに?」
「ああ、ほんとだよ。お前、好きな男の子おるか?」
「うん。健太君が好き」

私はクラスの男の子の名前を挙げた。
好きといっても、淡い恋心でしかなかったが。

「そうか。今度健太君のチンコ舐めてみい。喜ぶぞ」

勉強ができてスポーツマンの彼が、そんなことをされて喜ぶとは想像できなかった。

「そんなの無理だよ」
「そうだよなあ。だけど、もし健太君が喜ぶなら舐めてやりたいか?」
「うん」

私は迷わず答えていた。健太君が喜ぶことなら何でもしてやりたい。

「じゃあおじさんのチンコで練習しようか」

私が返事をする前に、男はズボンを下げてどす黒いチンコを引っ張り出した。

私は金縛りにあったように動けなかった。

大人のチンコを見るのは初めてではない。

風呂上がりの父親のチンコを見たことがあるが、男のは違っていた。

ウソをついて伸びたピノキオの鼻のようだと思った。

「握ってみい」

私は催眠術にかかったように、言われるままチンコを手のひらに包んだ。

「おじさん、オシッコするとき困らないの?」
「どうして?」
「だって、上を向いてるしこんなに硬いよ」

私は無邪気に思ったことを質問していた。

「ハハハ、そうだね。おじさんも困ってるんだよ」

男は楽しそうだ。大人が無垢な少女をだますのは簡単だったろう。

「じゃあ次は咥えてみようか。うまくなると健太君も喜ぶぞ」

私は健太君に喜んでもらいたくて、何のためらいもなくチンコを口に入れた。

だけど、咥えてもどうしたらいいかわからない。

すると、男は勝手に私の髪をつかんで動き出した。

「ほおー、ほおー」

次の瞬間、突然男が奇妙な声を上げて、口の中にドクドクッと何かが噴き出してきた。

ドロッとして生臭くて気持ちが悪い。

口の中がいっぱいになって困っていると、

「飲んでも平気だよ」

と言われごくりと飲み込んだ。

「チンコの中が詰まっていたみたいだ。でもな、これが出ると健太君も気持ちいいんだよ」

さらに男は続けた。

「女の子も舐めると気持ちいいんだぞ。今度はおじさんがやってあげるね」

男はスカートの中に手を入れて、スルスルと手際よくパンティを下ろした。

「あっ、おじさん、そこ汚いよ!」

男は止めるのもきかず、私の股間に口をつけてペロペロ舐めだした。

「どうだ、気持ちいいか」

男に聞かれたが、別に気持ちよくも何ともなかった。

私が反応しないのを見て、今度はアナルを舐め始めた。

「うっ、はぁっ」

これはとんでもなく気持ちよかった。

舌でアナルを舐められるたびに、腰がビリビリ痺れて頭の中が真っ白になる。

「なにこれ。おじさん、すごく気持ちいい!」

すると、男はビチャビチャと音を立ててさらに舐め続けた。

しばらく舐めたあと、男は奥の部屋から何か黒いものを持ってきた。

「変な形してるね」

私は差し出されたものを、おそるおそる触ってみた。

見た目と違って意外と柔らかい。ゴムか何かでできていた。

「これはエネマグラといって、前立腺を刺激するものだ」
「ふーん」

エネマグラも前立腺も、何のことかまったくわからない。

男はエネマグラを肛門に入れてくれと言って四つん這いになった。

言われるままエネマグラを肛門に挿入すると、男は尻を高く上げて「うーん」とうなりだした。

しばらくエネマグラを出し入れしていたけど、それ以上何も起こらなかった。

やがて、「もういい」と言って男が上体を起こした。

「やっぱり前立腺を刺激するのは難しいな」

男はぶつぶつ言いながら、今度はエネマグラを自分で持って肛門の中にグイグイ挿入した。

それを見ているうちにオシッコがしたくなったので、帰りたいと言った。

すると、

「ちょっとだけいい?」

私は四つん這いにされたので、肛門にエネマグラを入れられるのかと思ったらそうではなかった。

男はチンコに何かかぶせて私のうしろに回り込んだ。

「やだあ、何してるの」
「じっとしてて」

言われるまま動かないでいると、肛門の下あたりにピリッと痛みが走り、男が猛烈な勢いで動き出した。

やがて、男はちょっと苦しそうにうめいて私から離れた。

「お母さんには絶対内緒だよ」

帰り際、男は私に口止めした。

男との危ない関係はこのときだけだった。

もちろん健太君とも何もないまま中学を卒業した。



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、本当に出会えるサイトだけ生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。マニアックス読者の登録者数を見てください!

2022年11月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5881人登録(女性は888人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1985人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1254人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから774人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから236人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい