元アナルファック嬢が教える!アナルファックの基礎知識

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

元アナルファック嬢が教える!アナルファックの基礎知識

アナルコラム

フェチ・変態

百花繚乱 0 10,635 2018/01/18

短小から巨根まで、数百回に及ぶアナルファックをこなしてきたアナルマスター百花繚乱が、今回はその基礎の基礎を書いてみようと思う。

アナルファックはアソコとは違い、ただ突っ込めば入るというものではなく、下準備ややり方というものがあるのである。

アナルファックは準備も大事

アナルファックする日が決まったら、女性にはイチジク浣腸をしてもらうか、下剤を飲んでお腹の中身を全部出してもらっておくこと。

もちろんデリヘルではそんな心配はほぼなく、「アナルファックOK」にしているAF嬢ならあらかじめ準備はしてくれているはずだ。

ただ、デリヘル店でも店側にOKを強要されている嬢や、アナルファック初心者の嬢は、わけもわからずお腹の中身をそのままにしている可能性がある。

あなたがスカトロにも興味があるなら止めないが、ペニスを入れたとたん中身のほうがグニュっと出てしまうことだって十分考えられるのだ。

アナルファック専門店ならいざ知らず、デリヘル店が嬢にアナルファックのやり方を事細かに教えているわけではないから、場数を踏んだプロの嬢を指名したほうが無難ではある。

重要!アナルのほぐし方

アナルファックはここが最重要だと言ってもいいのだが、男性の指でまずはアナルをほぐさねばならない。

まず指サックをつけ(汚いのだが、デリヘル店では指サックを省略することも多い)、滑りの良いローションをたっぷり垂らした人差し指を、アナルにそっと入れていく。

そのまま円を描くようにアナルをほぐすのだ。

慣れたらそのまま中指も入れてみよう。経験のある女性なら割と簡単に入るはずだ。

そして、円を描くように…。

ここまでの所要時間は約10分ほどかかるので、デリヘルの場合は残り時間も気にしておくようにしよう。

ピストンはゆっくりしてね

アナルがほぐれたら、いよいよ挿入である。

あなたのいきり立ったイチモツには、ちゃんとコンドームをかぶせよう。

ナマ中出しできないの?と思うかもしれないが、アナルファックは性感染症ももらいやすいし、そこまではいかなくても、あなたの尿道に大腸菌が入って炎症を起こしたりもするのでコンドームはつけたほうがいい。

それでは、そうっと挿入をしていこう。お好みによって、バックでも正常位でもいい。

アナルファック経験のある女性なら、結構簡単に入っていくので驚くかもしれない。

でも、アナルはとってもデリケート。アソコのようにガンガン突いていいものではないので、ゆっくり動かそう。

この画はかなりエロいので、視覚からも楽しんで興奮することができるだろう。

もちろん触覚も、アソコの締まりとはまた違ったアナルの快楽に溺れすぎないように注意が必要である。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年10月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5590人登録(女性は846人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1723人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから948人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから720人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから324人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

百花繚乱

夢は文豪で500人超斬りの女版性豪。お下劣ショーパブからはじまり出会い系での売春、セクキャバ、本デリ、デリヘルなど多種多様の風俗嬢経験あり。現在は夫大好きなかわいい人妻です。

百花繚乱のツイッター
百花繚乱のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい