マンネリセックスを解消!プチSMで刺激的な体験を!

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

マンネリセックスを解消!プチSMで刺激的な体験を!

SM

フェチ・変態

AVコラム

タオ 0 1,432 2019/03/01

セックスがワンパターン化してきてなんだかつまらない…刺激が欲しい!と思っているそこのあなたにオススメしたいのがプチSMなんです!SM=痛いというイメージを持っている方も多いと思いますが、それはかなりハードなもの限定。プチSMなら痛みもなく、心地よい支配感を味わうことができるのです。今回はプチSMにオススメグッズをご紹介します!

お手頃なのはボールギャグ(口枷)

 まず試してほしい!と思うのはボールギャグです。いわゆる口枷のこと。口にボールを咥えて、頭の後ろで紐を縛るので、口は開きっぱなしになります。そうすると喋れないし、よだれは垂れてくるしでちょっと恥ずかしい姿を晒すことになるんです。ボールギャグは柔らかい素材でできているものが多く、ボールにも呼吸ができるように穴が空いているので安心してくださいね。
 喋れない状態で焦らされたりなんてしたらもう我慢できなくなるのですが、なんせ喋れないので自分で動くしかないんですね。普段よりちょっぴり大胆な自分になってしまいます。

空気注入式ペニス型ギャグ
空気注入式ペニス型ギャグ

Beginner Ball Gag(ビギナーボールギャグ)
Beginner Ball Gag(ビギナーボールギャグ)

初心者用ボールギャグ
初心者用ボールギャグ

ちょっぴりハードなら手枷・足枷

 ボールギャグで興奮を味わえたなら、手枷と足枷でも興奮すること間違いなしです!手足の自由が奪われるので彼のされるがままになります。また、脚が開かれた状態で固定されるとアソコが丸見えに…。恥ずかしいんですがすごく興奮するんです。彼に支配されている感覚がもう病みつきになります。でも、やってみよう!とは恥ずかしくてとても言えない…という方は、ラブホでもベッドに足枷や手枷がついてるところをたまに見るので、ノリで「やってみようよ!」という流れで持っていくのをオススメします。私は一回彼に試してみよう!と言ったら「それはちょっと…」という感じで断わられ、微妙な空気になってしまったことがあるのでご注意を。

ベッドルーム拘束キット
ベッドルーム拘束キット

挑戦してみる価値あり!?低温ロウソク

 SMモノのAVではよく、ロウソクを垂らされて泣き叫んでいる…みたいなシーンがよくありますが、ロウソク=熱いではないんです!今は低音ロウソクと言って、ロウを垂らされても火傷をしない程度の熱さのものがあります。実は私もまだ試したことがなく、今度やってみたいななんて思っていて、いろいろ調べているのですが、ちょっとハードルは高いけれど、挑戦してみる価値はありそうです。
 しかし、低音とはいえ火を扱っていることには変わりないので、興奮した状態で使うのはとても危険だそうです。また、必ず相手の同意を得てからプレイするようにしましょうね!

低温ロウソク
低温ロウソク



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、本当に出会えるサイトだけ生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。マニアックス読者の登録者数を見てください!

2022年10月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5590人登録(女性は846人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1723人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから948人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから720人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから324人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

タオ

元チャットレディ。ノンアダルト、アダルトを経験。今はお堅い仕事やってます。

タオのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい