徹底クンニ攻略!舐め方や体位、刺激のポイントを抑えろ!

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

徹底クンニ攻略!舐め方や体位、刺激のポイントを抑えろ!

AVコラム

瀬尾マサト 0 3,690 2017/06/09

せっかく裸の女性が目の前にいるのですから、「イカせてやりたい」と思うのが男の本能ってやつですよね。女のオーガズムを導くためにはクンニを覚えるのが最も近道です。どこを刺激するべきか、どんな体位で行うべきか、クンニのポイントをご紹介いたします!

どこを刺激するべき?

どこを刺激すれば女をイカせることができるのか!?クンニで責めるべきポイントをご紹介します。

主役はクリトリス!

クンニにおいて主役となるのはやっぱりクリトリスです。クリは男でいうところの亀頭に当たる部分ですから、神経がこれでもかというくらい集中しています。ですからペロッとひと舐めしただけでもすごく敏感に感じてくれるのです。とはいえ、逆に敏感すぎる部位でもありますのでいきなり強く舐めると「痛覚」を刺激してしまいます。最初は優しくゆっくりと、充血したところを見計らって激しくしていきましょう。

ビラビラも忘れない

大陰唇や小陰唇も刺激してあげましょう。ほとんどのヒトはクンニでクリや膣内への舌入れを重視しますが、ビラビラも神経が通っている部分ですから感じる部位なのです。イメージとしては男で言うところの皮の部分。ですからクリほど感じはしませんがクンニでは変化球の一つとして行うべき部位といえるでしょう。

膣や尿道もしっかり刺激!

膣や尿道もクンニでは忘れてはいけない部分です。たとえば膣ならば舌を入れることで入り口付近のこそばゆい刺激を与えることができます。指入れやペニスの挿入ほどではないものの、逆にそれが焦れったい刺激となり精神的に性感を高めるポイントとなるのです。

また尿道もしっかりと責めておきましょう。男も先っちょをチロチロされるとくすぐったい快感がありますよね。女も同じようにこそばゆいようななんとも言えない快感があるんです。クンニでは穴への刺激も忘れずに行いましょう!

体位にこだわってみる

クンニを行うにおいて体位にもこだわりを持ちましょう。女性を仰向けにさせ股を開かせ、その間に顔を埋めるスタンダードな方法はみなさんやっていますよね。お互いにムリのない体勢なのでリラックスした状態でクンニを楽しむことができます。

他にも69や測位でお互いの性器を舐め合うという体位も良いものです。スタンダードな体位に比べると性感に集中こそできませんが、お互いの喘ぎ声が精神的な快感のスイッチとなり気分の高揚を感じることができます。

変わった体位もたまにはいいものです。AVなどで見るようなまんぐり返しや女性の両足を持って逆立ちをさせる抱え込みクンニなどは見た目の派手さもあります。女性側の羞恥心を煽るとともに男の野性的な気分を盛り上げる効果もありますのでぜひ試してみましょう。

刺激するポイントや体位にこだわれば、ただのクンニが100倍楽しくなります!あなただけの必殺クンニを編み出してみてください!

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年6月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1423人登録
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから648人登録
3位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5353人登録(女性は807人)
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから601人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから204人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサトのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい