今と昔の昏睡レイプ物の違い

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

今と昔の昏睡レイプ物の違い

AVコラム

工藤タツオ(AVカメラマン) 0 6,224 2020/06/11

最近、ネットで「友達の彼女を酔いつぶしてやっちゃう」内容の動画を見た。

これはリアルでかなり本物っぽい気がしたが、本物なら完全に犯罪だと思う。

内容は、友達と彼女を部屋に呼んで飲み会を開く。

そして、最初からビデオを回して宅飲みの様子を撮影している。

初めのうちは3人とも楽しそうに飲んでいたのが、突然画面が変わって友達と彼女が酔いつぶれて寝ている場面になる。

2人は薬でも飲まされたのか、つねっても何をしても起きる気配がない。

撮影者の鬼畜な行為に絶句

撮影者は、カメラを片手に友達の彼女の服を脱がしていく。

そして、上半身を裸にすると乳房を揉み乳首を吸い始めた。

下半身を裸にするとクンニしたり指を入れてかき回したりする。

それをハンディやカメラを固定にして撮っている。

ときおり隣で昏睡している友達も映るので、それが妙にリアルで、いかにもとんでもないことをしていると感じさせた。

フィニッシュは中出し

最後は、友達の彼女に挿入して結合部分と女の顔を交互に撮りながら、生出ししてアソコから精液が流れ出るシーンで終わっている。

これが本物なら(たぶん本物だと思うが)、脱がせた服を着せられないし、中に出してるから絶対ばれるはずだ。

かなりやばいことをやっているが、見ているこっちは面白かった。

ところで、昔もこれに似たAVが作られたことがある。

基本的には酔いつぶれたふりをしているだけでやらせが多いのだが、中には薬か何かで本当に昏睡させてやったAVもあったかもしれない。

しかし、こういったビデオは何本か作られてすぐに姿を消した。

それは、AVを見た人が通報したか何かで、警察が動いたからだと聞いたことがある。

つまり、本物の昏睡レイプだと思った人がいたわけだ。

まぁ、本物もあった可能性があるから、そう思うのも当然だけど。

これは、裏を返せばそれだけリアルだったことになり、AVとして出来がよかったともいえる。

最近の昏睡レイプ動画は野放し状態

いずれにしろ、制作会社は厳しいお叱りを受けて、以後このようなAVは作られなくなった。

最近の動画にも昏睡レイプ物はたくさんあって、中には本物だと感じさせるものも多い。

こういった動画は明らかに犯罪なわけで、これが野放しでいいのかなとちょっと思うこともある。

同じ本物の昏睡レイプでも、昔と今の大きな違いがひとつだけある。

それは、昔の昏睡レイプが制作会社で作られた作品であったのに対して、最近の昏睡動画は一般人の投稿だという点だ。

制作会社ならすぐ身元がわかって逃げ隠れできないが、一般の投稿なら逆に身元がわかりにくい。

警察もよほど重大な事件でもない限り動かないから、ネットの昏睡物が野放しになっているのは、そういった理由もあるのだろう。



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

今年もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。


2023年1月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから6151人登録(女性は919人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから2044人登録
3位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから818人登録
4位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1345人登録
5位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い
6位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから238人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい