【褒め言葉か犯罪者か】変態と変質者、3つの大きな違い。

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

【褒め言葉か犯罪者か】変態と変質者、3つの大きな違い。

フェチ・変態

SM

事件

ニュース

カサイユウ(ライター・元風俗嬢) 0 821 2017/11/20

変態と変質者。言葉は似ていますが内容はまったくの別物ですよね。
個人的には「変態」はマイノリティ嗜好を持つ人への褒め言葉のようなもの、「変質者」はストーカーや露出魔などの犯罪っぽい事柄に対して使われる悪いものというイメージを持っています。

さてさて、今回はわたしたちが日頃使っている「変態」と「変質者」というふたつの言葉の違いについて、一緒に勉強していきましょう!
飲み会での小ネタや風俗嬢に披露する豆知識として、大いにお役立ていただけましたら幸いでございます。

許可を得るのが変態、強要するのが変質者。

ふたつの言葉の違いは、この一言に集約されるのではないでしょうか。
変態とは「人間の性的行動や性欲のありようにおいて、正常と見なされない種類の嗜好を指す。(Wikipediaより引用)」ということ。SMやカニバリズムなど目立つジャンルはもちろんこちらにカテゴライズされますが、Wikipediaによるとコスプレや男装女装なども含まれるそうです。これはビックリ。
変質者とは「性犯罪を行う者を非難するとき、あるいはストーカーを防犯の観点から語るときの蔑称。(Wikipediaより引用)」。こちらは性的嗜好そのものに対してではなく、行為に係る言葉なのだそう。いやはや、知らなかったです。

1,露出魔の場合

彼らは大きく分けてふたつのタイプに分かれます。
それは「見てもらっても良いですか?」と声をかけ許可を得ようとするタイプと、有無を言う間もなく強制的に恥部を見せつけてくるようなけしからん輩。
前者のような謙虚ささえ感じられるタイプは言うまでもなく変態、そして後者はもちろん変質者ですね。
彼らの大きな違いは、恥部を見せつけられる相手の気持ちを考えているかどうか、というところではないでしょうか。

2,痴漢、痴女の場合

また痴漢や痴女にも同じことが言えそうです。
あらかじめ合意を得て行為に至る場合は変態。無許可のまま体に接触するのが変質者ですね。
一概には申し上げられませんが、大概の人は勝手に自分の体に触れられることに嫌悪感を感じます。
どうしても…という願望をお持ちである場合は、それなりの見返りを用意して相手との交渉から始めることをオススメしたいものです。

3,マイノリティ嗜好を持った人の場合

例えば緊縛趣味を持った人は、良識があれば事前に「縛っても良いですか?」と許可を取り、やはり合意を得てからプレイを開始しますよね。こちらは変態です。
対して、たまに監禁事件などでニュースに取り上げられるような犯罪者のことを変質者と呼べるのではないでしょうか。

打ち合わせなどを行い合意を得てから行為に至る場合は変態。自らの気持ちや欲望のままにその行為に至る、いわゆる迷惑行為を行う場合は変質者と言えますね。また理性を持っているか否かという点でも、両者には大きな違いが見られそうです。
世にはびこる「変質者」には、こちらの言葉の違いをぜひしっかりと認識していただきたいものでございます。



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

今年もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。


2023年1月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから6151人登録(女性は919人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから2044人登録
3位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから818人登録
4位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1345人登録
5位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い
6位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから238人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

二十代の大半を、東京の風俗業界で過ごした元風俗嬢。ナイトワーカーとしての半生をまとめた人気連載シリーズ。思慮深く、洞察に富んだ性格で風俗嬢ライフをさわやかに駆け抜ける。

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい