洋物AVの影響で取り入れたアナルファック(AF)が日本ではあまりウケないワケ

アナル風俗ユーザーさんの投稿コラム

洋物AVの影響で取り入れたアナルファック(AF)が日本ではあまりウケないワケ

アナルコラム

AVコラム

工藤タツオ(AVカメラマン) 0 9,206 2018/06/11

▲在籍嬢のうち7名がAFOK!素敵なAFライフを!
http://www.maniac-nyonin.com/

洋物AVを見ていると、どういうわけかやたらとアナルファックのシーンが出てくる。

それも、ただアナルファックしてるだけならまだいいけど、最初マ●コに入れてたチンポを抜いて、アナルに入れてまたマ●コに入れたりしてる。

これって、メッチャ汚いよな(笑)
だって、ウンチがついたチンポをマ●コに戻してんだよ。

衛生上もよくないはずだよなぁ。

だけど、よくあんなにスムーズにアナルに入るもんだよな。

アナルファックに対する認識の違い

アナルって、指を入れてもきついんだぜ。それなのに、外人のデカいチンポがスルスル入るなんてさ。

どんだけアナルを使ってんの、ってことだよな。

でもまぁ、これは俺たち日本人とは、感性の違う欧米人が作ったものだからまだ許せる。

しかし、同じことを日本のAVでやると許せないんだよな。

「汚ねえだろ」
「アソコに菌が入って病気になるぞ」

ってストレートに思うのは、たぶん僕だけじゃないだろう。

ではなぜ、洋物でアナルファックが当たり前に出てくるのかというと、これは単にバリエーションの問題だと思う。

洋物はバリエーション不足?

洋物では、日本では禁止されている無修正が、何十年も前から当たり前になっている。

日本では、モザイクがないだけで「おっ、すげえ!」と感動するのに、無修正が当たり前の欧米人は、そんなことでは感動してくれない。

日本人にとっては、モザイクありと無修正という違いだけで2つのバリエーションがあるのに、欧米にはそれがないわけだ。

だったら、もうアナルファックくらいしか、変化のつけようがない。

和物と違って、洋物にはそういう難しさがあるようだ。

だから、彼らは「汚い」なんて言っていられないんだな。

そんなことを言ったら、もうやることがいんだから。

ゲイの存在が与えた影響

日本と違って、洋物でアナルファックがたやすく「市民権」を得られたのは、ゲイに対する社会の認識の違いもありそうだ。

欧米では、日本にくらべてゲイに対してオープンな空気があるからね。

ゲイが容認される社会だから、ゲイが行うアナルファックにも、日本ほど抵抗感がないのだろう。

そういう国民性の違いも、大きいのではないかと思う。

そして、アナルファックに飽きた欧米人が、次に考えたのがフィストファックだ。

これなんか、日本でやったら拷問にしか見えないよな(笑)

洋物がここにたどり着いたのも、やっぱりバリエーションの問題だと思う。
日本のAVでは必要のない演出だよ。

こうして見ると、AVビデオでも世界の中で日本だけが特殊だってことがよくわかる。

そして、その原因は無修正がご法度という、これまた世界でも珍しい法律があるからなんだ。

だけど、いくらビデ倫で市販のビデオだけチェックしても意味がない。

だって、ネットで堂々と無修正動画が出回ってるんだから、完全に時代遅れの法律だよな。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2022年10月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5590人登録(女性は846人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1723人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから948人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから720人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから324人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい